ぴりっとさわやか

商社で働くアラサーが自由を手に入れるまでの軌跡となる予定

お金

3月の借金残高を報告します!

投稿日:2017年4月3日 更新日:

こんにちは、ゆずこしょう(@onktm0821)です。

アメリカ生活もだいぶ慣れてきました。

来たばかりの頃は、かなり気を張っていたのか、なかなか眠れなかったりしたのですが、最近はぐっすりです。

気が抜けたのか、寒さで風邪をひいてしまったりもしましたが、今はもう元気です。

アメリカでの生活インフラもほとんど整いまして、引越にはつきものの一時的な出費ももう落ち着いたかな、という感じであります。

それでは3月末の借金残高を報告します。

3月の借金の状況

3月末時点での残高は以下の通りとなりました。

 

第二種奨学金:2月末残高は41万円でしたが、今月は14万円返済することができました

2月では残り10万円/月のペースで返済するイメージでしたが、今月多く返済ができたことで9万円/月で済みそうです。

僕と同じようにお金に切羽詰まっている方は共感して頂けるかと思いますが、この月1万円の差は地味に大きいです

 

全体の借金額は376万(前月比▲19)

他にも数多ある定額返済も合わせると19万円返済することができました。

これで残りは376万円です。

自分で言うことではありませんが、今月の19万円というのはなかなか頑張ったと思っています。

正直に言いますと、結婚式の準備でさえ1月に19万円も貯められませんでした(笑)

このペースがキープできると良いのですが・・・。

 

今後について

今月14万円も返済できたことで、確信しました。

「あ、もうこれは余裕だな」と。

借金のある身でお調子に乗ってはいけませんが、6月までに返済するという点においては、もう完全に勝ち戦です。やってやりました。

その後は、基本的に投資に充当していこうと思っています。

株式投資がメインになる予定です。

ただし、一気に投資額を増やしてしまうと失敗してしまいそうです。

ということで、投資額は少しずつ増やします

今の借金返済状況を見るに、月5-10万円ほどを貯金することができています。

毎月少しずつ株を買っていって、余ったお金は奨学金の返済に回せればいいかとばくっと考えています。やはり第1種奨学金を全額定額返済にすると、あと12年かかってしますのがどうしてもイヤなのです。

ちょっと精神的に耐えられそうにありません。

まとめ

前回の報告では「なんとなく株始めておくか」くらいの方向感でしたが、3月はもう少し具体的な方向が見えてきました。

毎月書いていてしつこいですが、お金の心配が減ってくると、本当に気持ちが軽くなります。

貧乏人はお金の言葉かり考えざるを得ないから、不幸せになってしまうのです。

幸せはお金で買えませんが、お金がないとどうしても不幸になってしまいます。

ではでは。

-お金
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

利子付きの奨学金はとにかくさっさと返した方がいい

こんにちは、ゆずこしょう(@onktm0821)です。 最近は結婚式後のお金の貯め方についてもあーだこーだと考えていたので、少しメモしておきますね。 結婚式自体について色々考えるのは妻に完全に任せっき …

新聞購読料を払って生活を縛られるなら、やめてしまおう

こんにちは、ゆずこしょう(@onktm0821)です。   みなさん、新聞はとっていますか?ちゃんと読んでますか?本当に? 僕は日経をとっていました。日経を読むことが「常識」だと新人の時に叩 …

「投資の大原則」はマジで投資の基本の「き」だった

こんにちは、ゆずこしょう(@onktm0821)です。 最近はボーナスも入って少し手元のお金に余裕が出てきました(笑)   もうこれ何度目になるかわからないんですが、いいかげん投資をはじめよ …

夏までに第二種奨学金(利子付き)の返済を終わらせます!

こんにちは、ゆずこしょう(@onktm0821)です。 1月ほど前に奨学金を本気で返し始めるということを書きました。 その時は宣言だけで終わっていました。 なぜかというと、結婚式をした後にどれくらいの …

1月の借金残高を報告します!

こんにちは、ゆずこしょう(@onktm0821)です。 早いもので2017年も1/12が終わってしまいました!あっという間ですね! 1月が終わった区切りとして、今後は奨学金の返済状況を報告していきます …

プロフィール

アメリカ在住のアラサー商社マンです。
キャリアとお金に悩み、ブログをはじめました。
2度の就活経験を生かして、就活関連の記事も書いています。就活生からの相談も気軽に受け付けています。

follow us in feedly

カテゴリー